辰巳屋興業株式会社 企業サイトへ

辰巳屋興業株式会社 採用情報

先輩社員インタビュー

国境を越えた商いの面白さ

入社を決めた理由は何ですか?

語学系の大学で英語を勉強していたこともあり、学生の頃から海外志向という気持ちを持っていました。好きな車に関わりながら、海外と仕事がしたい。そうして選んだのが、海外事業部門のある辰巳屋興業でした。会社訪問や採用試験を通して、アットホームな社風に触れることができたのも入社を後押ししました。

仕事内容について教えてください。

2010年6月よりシンガポール現地法人に赴任し、現在は現地の代理店との交渉や情報の提供、代理店やサプライヤー訪問と忙しい毎日を送っています。管轄地区はシンガポール以外にも、ベトナム、カンボジア、インドネシアを中心とした東南アジア全域で、主に現地で走っている日本車向けの交換部品や用品、アフターマーケット向けの商品を扱っています。
管轄地区への出張は最も重要な仕事の一つで、月に少なくとも1、2度、集中する時期は毎週シンガポール近隣国へ出かける月もあります。

海外での戸惑いなどはありますか?

国や地域によってモノの考え方や文化、習慣は随分と違います。
ですが、海外といえども結局は人と人とが商売をしているので、自分という人間を売り込み、信頼関係を構築していくことが重要で、世界中どこでも同じことなんです。
戸惑いというよりもグローバルビジネスサイズでの“商い”の面白さを追求しています。

海外部(出張時)のある1日のスケジュール

起床、メールチェック
ホテルで起床。朝食後、日本と連絡を取るためにメールチェック。
地域によっては時差があり、夜中にメールが来ることも。
得意先訪問1
得意先の社長と仕入れ先も交え、価格や納期の交渉、同時に注文を頂くこともあります。
得意先訪問2
生産中止の品目の協議と倉庫を見学をし、在庫情報を確認します。
昼食
得意先訪問3
販売状況、今後の日本からの船のスケジュールと納期の確認。
得意先訪問4
新しい引合や新製品の問い合わせをもらう。
会食
本日はお得意様との会食のため、会食場所へ移動
ホテル着、就寝
明日の準備、日本からのメールを確認し明日の早朝のフライトに備えて早めに就寝します。

海外部(出張時)のある1日のスケジュール

海外部(出張時)のある1日のスケジュール

他部門のインタビューを読む

自動車部品部

先輩社員インタビュー

鋼材部

先輩社員インタビュー

タツミ商事

先輩社員インタビュー

PAGE TOP